経済学を疑え!

お金とは一体何なのか?学校で教えられる経済学にウソは無いのか?真実をとことん追求するブログです。

投資――お金を投げるということ

はじめに (この“はじめに”は読み飛ばしても問題ありません。) 今年の春、このブログで5回にわたり資本というものをスライムという怪物にたとえて説明してきました。 whatsmoney.hateblo.jp whatsmoney.hateblo.jp whatsmoney.hateblo.jp whatsmoney.hateb…

【経済学者】なぜ転売が悪なのか【でも分かる】

はじめに 3週間ほど前のことになるが、また経済学者が転売行為を擁護して軽く炎上したようだ。 転売そのものの否定って、ほとんど資本主義の否定なのと(流動性が高い=転売しやすい)、最初のプライシングが失敗していて過度に安いから転売される。転売ヤ…

私たちは時間を有効に使おうとして人生を台無しにしている

「時間の無駄」という概念 私たちは普通、時間を有効に使うことが良いことであり、時間を無駄にすることは悪いことだと考えています。 例えば、すきま時間を使って勉強をすれば「時間を有効に使った」とポジティブに捉えますし、ダラダラとゲームをして過ご…

私たちは労働によって何を得ているのか

私たちはスライム(資本)に奉仕している 前回までの話で、労働者と消費者がスライム(資本)に奉仕する存在であることが分かっていただけたかと思います。 whatsmoney.hateblo.jp whatsmoney.hateblo.jp また、スライムのパイロット(機能資本家)も、操縦…

都合のいい消費者の5つの資質

スライム(資本)にとって、どんな消費者が都合がいいでしょうか。 スライムは商品を売ってお金に換えることで大きくなります。 したがって…

都合のいい労働者の3つの資質

はじめに 前回は、どんなパイロット(資本家)がスライム(資本)にとって都合の良いパイロットなのか、良いパイロットの資質とは何かを考えました。 whatsmoney.hateblo.jp 今回は同じことを労働者について考えます。 なお、資本のことをスライムと言ってい…

スライムにとって都合のいい資本家の6つの資質

はじめに 前回、資本とは自分で大きくなっていこうとするスライムのようなモンスターであり、資本家はスライムの操縦者(パイロット)だという話をしました。*1 whatsmoney.hateblo.jp スライム(資本)はパイロット(資本家)や労働者などの人間を利用して…

マルクスの言う“資本”をスライムで考える

はじめに 経済評論家の山崎元氏が、ある記事で以下のように書いていました。 資本主義に対する批判者あるいは悲観論者は、「資本」がそれ自体の意思を持って動く抽象的でも具体的でもある単一の生命体のように思っているのではないか。まるで、資本という怪…

ビジネスで利潤を得ることの正当性を“靴作り”で考える

はじめに 今回は、ビジネスで利潤を得ることの正当性を考えてみましょう。 (もちろん、正当性は無いというのが結論です) たとえ話で説明するのですが、今回の話はプルードンの『所有とは何か』という本に出てくる靴作りの話*1をベースにして、私が作ったも…

私たちはこんな風に搾取されている・付録

本記事は以下の記事の付録です。 whatsmoney.hateblo.jp 政府による再分配 2つ目の非生産分配は政府による再分配です。 私たちには生存権がありますから、様々な理由で働けない人でも生活できるように、生産物を分配する必要がありますよね。 また、病気や…

私たちはこんな風に搾取されている

生産物を入れずに取る人 前回、私たちが生産物プールから取り出す生産物の量は、プールに入れる生産物の量より少ないという話をしました。 私たちは生産物を搾取されているということです。 「私たち」というのは誰を指しているかというと、ざっくり言えば労…

搾取とは何かを生産物プールで考える

はじめに 以前書いた植松被告人との対話*1の記事で、生産物プールという概念を提案しました。 今回の記事では、この概念を使って「搾取とは何か?」を考えてみようと思います。 生産物プールとは 生産物プールというのは生産物*2を入れたり取り出したりする…

転生パラダイス 第3話(完結)

whatsmoney.hateblo.jp whatsmoney.hateblo.jp お店様は神様です 「美味しかったです。ごちそうさまでした」 サンタ爺と僕は、カウンターの向こうに居るご主人にもお礼を言って食堂を出た。 (タダで食べさせてもらって、お礼を言わずに店を出るわけにいかな…

転生パラダイス 第2話

whatsmoney.hateblo.jp ご飯を食べる 服を着て公園に戻ると、サンタ爺はベンチで休憩していた。 「おお、戻ったか」 「はい。お世話になりました」 「何か思い出したかね」 「いえ……。お金のある国に居たってことぐらいですね」 「そうかね。それにしては日…

転生したらお金の無いパラダイスみたいな国だった件

裸の自分 「お前のような無価値な人間は死んだ方がいいな。死んでくれよ」 度重なる上司のパワハラにギリギリ耐えていた僕は、この言葉で完全に心を殺されてしまった。 電車に飛び込んだのは三日後だったと思う。 目が覚めると、僕は小さな公園の砂場に裸で…

資本主義の神をあがめよ

資本主義教の教え 仮に資本主義が宗教だとすれば、その教義は以下のようなものでしょう。 汝個人の利益を追求せよ 他者から搾取せよ 継続的に搾取できる仕組みを作れ 競合を潰し市場を独占せよ 一言で言えば“搾取の宗教”です。 このような次第ですから、私た…

もしも所有が無かったら

私たちは所有の本質を知らない 「今回は、所有というものが無かったらどうなるのか、ということを考えてみよう」 「ふーん。なんで?」 「所有とは何かを考えるためだよ」 「いやいや、所有なんて知ってるし」 「ほんとに知ってるって言えるのかな。私たちが…

点棒レンタルビジネス・詳細編

おや、またお会いしましたね。 昨日お話しした点棒レンタルビジネスの件、興味がおありで? whatsmoney.hateblo.jp そうですか。 では、具体的なやり方についてお話ししましょうか。 まだノウハウが全て固まっているわけではないんですけどね。 あなたからも…

点棒を貸してレンタル料を取るというたくらみ

私は雀荘を経営しているんですけどね。 店の売り上げを増やすために、あるアイディアを思いついたんですよ。 1ゲームいくらのゲーム代とは別に、点棒のレンタル料を取るというものです。 ゲームを始めるときには一人3万点必要*1ですから、これを店から客に貸…

お金は借金で生まれるのか?

はじめに 最近、「お金は借金によって生まれる」と言われることが良くあります。 本当にそう言えるのかどうか、良く考えてみましょう。 まず、前回までに書いたように、お金というものは全ての経済主体で考える限り、受け渡しされるだけであって生まれたり消…

お金が受け渡しされるのはどんな時か

はじめに 前回の記事では、利用者が保有するお金の総量はいつ増えるのかという話をしました。 利用者でない人(経済主体)から利用者にお金が受け渡しされると(利用者が保有するお金が)増える、という当たり前の話でしたね。 今回は、お金が受け渡しされる…

お金はいつ増えるのか ~ 利用者境界図の提案

はじめに 前回の記事では、マネタリーベースやマネーストックのような「お金の総量」は利用者だけを対象にして計数しているという話をしました。 今回は、そのような「お金の総量」はいつ増えるのか、そしていつ減るのかという話です。 結論から言えば、利用…

一般的な「お金の総量」を考える

一般的な「お金の総量」は、経済主体を限定して計数している 前回、お金の総量は常にゼロだと書きました。 しかし、実際に日銀が計数して公表しているお金の総量、すなわちマネーストックやマネタリーベースはゼロではありません。 これはなぜかと言うと、お…

「お金とは何か」を根本から再考してみた

お金とは何か お金とは何でしょうか? 教科書などには、お金には3つの機能があると書かれていますよね。 いわく、交換機能、価値の尺度機能、価値の保存機能の3つです。 しかしこれは、お金の便利な利用法ベスト3が紹介されているだけのことで、お金そのもの…

銀行の金庫に「俺の金」は無い

はじめに 望月慎氏とGokai氏(ななみのゆう氏)の万年筆マネーに関する論争について書いておきます。 togetter.com 万年筆マネーというのは銀行による信用創造を説明する際によく使われる言葉で、銀行が帳簿に数字を書くだけで預金通貨が生まれるとするもの…

BSの右側(貸方)は絶対に調達なのか

はじめに バランスシート(BS)を見ると、右側は調達、左側は運用だと言う人が居ますよね。 資本金や借金でお金を調達して、そのお金をBSの左側にある資産に変えて運用しているという具合です。 簿記の教科書などにもそう書いてありますし、間違いではありま…

チケットの転売行為が「泥棒」である理由

はじめに 「チケット転売は世の中の役に立っていない」「チケットの転売屋は何も生産していない」というのがこの記事の結論です。(もちろんチケット転売が泥棒である理由も説明します) 普通の感覚を持った人は「そんなの当たり前だ」と言うと思いますが、…

ビジネス4分類詳細(付録)

whatsmoney.hateblo.jp 上記記事の付録として、私がビジネス4分類にリストアップしたビジネスを掲載しておきます。 餓鬼ビジネス(儲かるが非生産的なビジネス) 地主、金貸し、大家 転売ビジネス(チケット、株式、為替、先物、不動産*1、車、美術品、薬物…

儲かるビジネスは社会をより良くするか?

はじめに 「儲かるビジネスは何だ?どんなビジネスをやれば楽に儲かる?」 自分で事業を始めようとする人の多くは、そんな風に考えていますよね。 「どんなビジネスをやれば社会の役に立つ?」 こう考えて事業を始める人はあまり多くないかも知れませんが、…

ロックによる所有権の正当化を批判しよう

出発点 ジョン・ロックさん。 ロックさんは所有権というものを正当化していますが、それについてちょっとお聞きしたいことがあるんです。*1 どんなロジックで所有権を正当化しているのか、改めて説明してもらえますか? 人間は神から、世界を人間の共有物と…