読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

経済学を疑え!

お金とは一体何なのか?学校で教えられる経済学にウソは無いのか?真実をとことん追求するブログです。

瞬間、チップ、重ねて

前回のあらすじ:一万円札には価値は無いのだろうか?)

 

「ところで、この町にはカジノとアミューズメントカジノがあるよね」

 

「あるわね」

 

「カジノではチップを換金できるけど、アミューズメントカジノでは換金できないよね」

 

「そうね」

 

「もし仮に、双方のチップを交換できるとしたら、どうする?」

 

「えっ、どういうこと?」

 

「君はアミューズメントカジノのチップ100ドルを持ってる。カジノのチップ100ドルを持っている人がいて、お互いのチップを交換できるとしたら?」

 

「もちろん、交換するわね」

 

「どうして?」

 

「だって、そのままだと換金できないオモチャみたいなチップが、換金できる本物のチップと交換できるんでしょ?交換してもらって換金するに決まってるじゃない」

 

「そうだね。僕もそうするね」

 

「でも、交換してくれる人なんて居ないんじゃない?」

 

「どうしてそう思う?」

 

「当たり前よ。換金できる、実際に価値のあるチップをわざわざオモチャのチップと交換する人は居ないわよ」

 

「そうだよね。まぁ、ここではそういう奇特な人が居ると思ってよ」

 

「いいけど」

 

「この状況で、もし君がアミューズメントカジノのオーナーだったらどうする?」

 

「オーナーだったら…?」

 

「君は自分の店のチップを好きなだけ、タダ同然の値段でメーカーから仕入れられる」

 

「それなら、どんどんチップを安く仕入れて、カジノのチップと交換して、カジノで換金するわね」

 

「うん、大儲けできるよね。逆に、もし君がカジノのオーナーだったら?」

 

「冗談じゃないわよ!チップの交換なんて禁止よ、禁止!」

 

「なぜ?」

 

「くどいわね!カジノのチップは価値のあるチップで、アミューズメントカジノのチップは価値の無いオモチャチップだからよ!」

 

「うん、その通り。実はね、僕達が使っているこの一万円札も、アミューズメントカジノのチップ同様、価値の無いオモチャの紙幣なんだよ」

 

「はぁ?そんなわけ……」

 

「あるんだよ」

 

つづく